家事の新しいカタチとなっている家事代行サービスの魅力 TOP > コンテンツ一覧 > 家事代行サービスが今後も増え続ける背景とは

家事代行サービスが今後も増え続ける背景とは

家事代行サービスは、最近特にその需要が増えているようです。高齢化世帯や共働き世帯、単身世帯にも好評だという家事代行サービスですが、ある経営研究所が行った調査では2012年度において1500億円の市場規模に膨れあがったそうです。しかも将来的には5倍以上の8,000億円規模の市場にまで拡大していくとの予想を立てています。
また、アンケートを実施してみたところ、「家事代行サービスを利用している。または利用したい」といった回答が約7割もあり、今後も増え続けることを裏付ける数値となっています。

これらは女性の社会進出が大きく増えてきたことにもよるでしょう。これまでの一般事務的な仕事内容から、男性並みの仕事内容として働く女性が増え、その分残業が増加していることも挙げられるようです。そしてこれもある調査によると女性の約7割が毎月残業をしているデータ結果も出ており、女性の職場にいる時間が延びている傾向にあるようです。

このようなことから、残業女子が増えてきたことによる家事代行サービス業者への問い合わせも増えているとのことだそうです。これは女性も会社の大事なセクションを担い、仕事に対する価値観の変化も現れてきているようです。残業が続くと家庭のことが疎かになる事は必至で、それを補ってくれる家事代行サービスはまさに「渡りに船」の役割を果たしてくれています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 家事の新しいカタチとなっている家事代行サービスの魅力 All Rights Reserved.